新発売のフィードマティック


フォローマティックXYZの評判は?

フォローマティックのツイッターアフィリエイト実践への影響力は、
すでにネットビジネス業界でも大きなものとなり存在感を見せています。

様々な過去に発売されたアフィリエイト商材と比較しても、
フォローマティック及びXYの情報商材としての販売数と価値内容は、
安定感も素晴らしく購入者からの実績者も多数出現しています。
当サイトからのフォローマティックXY購入者の実績者が多いです

参照:本田圭佑選手ワールドカップ不振の理由評価と今後と円形脱毛症と大阪
(この記事はフォローマティックXY購入者懇親会の際のものです)

大阪と東京で開催しました当サイトよりのフォローマティックXY購入者向けの懇親会では、
当サイトより購入者の方からのツイッターアフィリエイト実績者が僕の想像以上に
素晴らしく輩出されている事実に驚きました。

フォローマティックXYの商材としての内容もよいのですが、
当サイトの特典コンテンツも評判よかったようでなによりです。

僕自身も更にツイッターを利用してアフィリエイトを実践していきます。

followmaticxyz


Twitterのアフィリエイト利用は凍結規約等も変更されていっており、
今後も利用し続けるにはユーザー側も工夫をしていく必要があります。

そんな中、フォローマティックとXYの有効活用を更に倍増させる商材、
フォローマティックZが発売になるようです。

フォローマティックZとXYと初代フォローマティック

初代のフォローマティックが発売されてから2年以上が経過しました。

その間にツイッターアフィリエイト実践者の実績も、
金額的に月100万円超えるアフィリエイターでも相当な状況でしたが、
現在は普通に月300万円報酬や500万円報酬、はたまた1000万円を超える報酬獲得者も
僕の耳に入ってくるようになり、アフィリエイトノウハウの成熟を感じます。

参照:フォローマティックXY特典ができるまできったん柏崎勇物語

アフィリエイターの状況も一変していったように、
フォローマティック及びXY販売者のきったんさんと柏崎勇さんの状況も
フォローマティックのヒットにより一気に大きく飛躍されました。

2014年4月に発売されたフォローマティックXYも大ヒット。
当サイトからもたくさんのご購入をいただきました。

ビジネスとは実践し続けていくものです。
フォローマティック販売者のきったんさんと柏崎勇さんも、
次なる商材販売への準備もしつつ、アフィリエイト案件も紹介されていました。

参照:秀吉塾-天下統一-トレンドアフィリエイトの評価とバックエンド

秀吉さんが主催してバナナデスクさんがバックアップされた、
トレンドアフィリエイト塾「秀吉塾」もきったんさんは紹介されていました。
最近だとバナナデスクさんの月額制コンテンツ
「下克上革新」の紹介もメルマガで拝見しました。

様々なネットビジネスを実践していかれる中、
2015年にはフォローマティックZの発売が予定されているようです。

フォローマティックシリーズの評判と今後

ツイッターアフィリエイトのツールとノウハウを提供してきた
フォローマティックシリーズ初代とXYは、ツールの優秀さもあり、
購入者にとって使いやすいツールとして評価されています。

僕自身も現在もフォローマティック及びXYを活用していますし、
様々なツイッターツールを利用する中でフォローマティックの使いやすさは
群を抜いて優秀と感じています。

販売者のきったんさんと柏崎勇さんも素晴らしいビジネスマンで、
個人的にも特典音声をいただいたり懇親会でご一緒したり、
先日はインフォトップ忘年会2014で同室だったりしました。

2015年も新しい商材を発売されていくことでしょうし、
Twitterのみならず新しい媒体に特化したサービス提供もされると思います。

フォローマティックもXYZときて言葉的には文末となります。
次なる展開に注目が集まるところでしょう。

個人的にもかなり応援している方々でもあるので、
引き続き注目していきたいと思います。

僕自身も頑張って実践を続けていきます。
園山恭平無料メールマガジンでも近いうちに
素晴らしいプレゼントをお渡ししてきます。

ご期待ください。

今回の記事はいかがだったでしょう?

少しでも興味深く思ってもらえたなら、
以下のソーシャルメディアで共有してもらえると嬉しいです!


フォローマティックXYの当サイト購入特典紹介


フィードマティック!ブログ自動投稿とTwitter連動で半放置でアクセス誘導‼


One Response to “フォローマティックXYZの評判は?”

  1. 園山恭平 より:

    フォローマティックアカデミー(FMA)が募集されて、参加者により現在実践されています。

    Twitterは状況はかわってきていますが、まだまだ活用できうる
    ソーシャルサービスなので、今後も注目していきます。

コメントを残す

関連記事一覧


メルマガ登録バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ