新発売のフィードマティック


フォローマティックXYは凍結規制強化後の現在も使えるのか?

フォローマティックXYが発売になってから半年以上が経過しました。
(2014年4月に発売されました。現在も発売中です)

2014年9月頃にはTwitter運営側の凍結規制が強化され、
アフィリエイト目的で利用されている多くのTwitterツールがやられ、
利用IPアドレスから辿って登録しているツイッターアカウントが
連鎖凍結されるという事態に陥りました。

フォローマティックXYの利用者にも影響は及び、
フォローマティックYに登録しているTwitterアカウントが
連鎖凍結されるという状況となりました。

きったんxyピンチ

フォローマティックXY販売者側もこういう状況だったかもしれません。
しかしピンチはチャンス!

しかしその後、フォローマティック販売者側はしっかりと対応し、
2014年12月現在はしっかりとフォローマティックXYともに利用できる状況です。

ツイッターアフィリエイト実践者は「Twitterは短期間で媒体構築できる」という
サービス自体の特徴も捉えている状況までいけていれば、
ツイッターアカウントを多数凍結されていたとしても、
再度しっかりとリカバリーすることも可能です。

フォローマティックXYの凍結体制への対応

フォローマティック販売者のきったんさん柏崎勇さんは、
とにかくTwitter規約変更などへの対応の早さが素晴らしいです。

今回の9月のIPアドレス単位での連携アプリ凍結処理は、
フォローマティックXY利用者のみならず、
複数のTwitter関連サービス提供者が頭を悩ました出来事でした。

ツイッター自動フォローツールとして近い機能を持つ商材
「フォローブースターProプロ」もWEB版に登録していたアカウントが
このTwitter社対応により連鎖凍結されました。
かなり厳しい凍結祭りとなったのです。

フォローマティックXYの方では、いち早く凍結対策として対応。

フォローマティックYの利用サーバーを更に
クラスCというかなりのIP分散することで凍結に対応しました。

それによりフォローマティックYの利用サーバーが更に安定し、
購入者からの定評を得ることでピンチをチャンスに変えられました。
(フォローブースターProもIP分散で対応済みです)

現在のフォローマティックXY利用状況は

フォローマティックXY販売者側の迅速な対応により、
現在もフォローマティックXYはTwitterの規約変更対応後も利用できています。

そして、
Twitterアフィリエイト自体は以前の業者アカウントだらけの時よりも、
より一般的なツイッターユーザーとコミュニケーションしやすくなり、
成果をあげやすくなったという印象すらあります。

Twitter社が目指す「スパムアカウントの排除」が、
しっかりと価値を提供してユーザーとコミュニケーションをとる
ツイッターアフィリエイト実践者にとって好都合となっているのです。

フォローマティックのツイッターアフィリエイトノウハウは、
基本的には初代フォローマティック時代から変わらず、
しっかりと一般ユーザーとコミュニケーションを取ることが推奨されています。

フォローマティックビジネス

ブレナイ姿勢は多くの価値を生み出します。

もし現時点でTwitterを利用していきたいと考えておられるのであれば、
フォローマティックXYは手に入れておくべきツールです。

そして解説されるツイッターアフィリエイトノウハウも、
価値を提供して対価にしていくビジネスの基本モデルをもとにされています。

まだまだ今後も大きな利用意義を持つフォローマティックXYです。

当サイトからの購入特典はこちらのリンクから確認してください。
まだ遅くはありません。Twitter市場はアツイです。

今回の記事はいかがだったでしょう?

少しでも興味深く思ってもらえたなら、
以下のソーシャルメディアで共有してもらえると嬉しいです!


フォローマティックXYの当サイト購入特典紹介


フィードマティック!ブログ自動投稿とTwitter連動で半放置でアクセス誘導‼


コメントを残す

関連記事一覧


メルマガ登録バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ